37

Quiche au crabe

キシュ・オ・クラブ / クラブ(カニ)キシュ

タルト型に生地をしき込み、半焼きにして、生クリームと卵などのアパレイユにカニ肉を混ぜて、生地に詰めて共焼きにします。料理用キッシュで、軽い食事などに重宝されます。

カニ肉300g、生クリーム200ml、全卵4個、塩/胡椒/ナツメグ少々、パート・ブリゼ250g

パート・ブリゼを厚さ3ミリに伸して、浅まのタルト型にしき込みます。生地底をピケして、紙を被せてタルトストンを詰めて、高温のオーブンで15~20分間、半焼きにします。そのままの状態で冷まします。アパレイユを作ります。カニは細かくほぐします。ボウルに全卵を入れて、かるく泡立てます。生クリームを加えてよく混ぜます。ここにほぐしたカニ肉を混ぜます。塩と胡椒、ナツメグで香味を整えます。先の生地にアパレイユを詰めて、表面を整えます。中温のオーブンで、20分間を目安に焼きます。

パート・ブリゼ / Pâte brisée

フレィキィ・ペースト / Flaky Paste(英)

薄力粉500g、バター250g、塩10g、水(冷水)200ml

薄力粉をふるいにとおして、塩を混ぜます。このふるった粉の上にバターをおき、スケッパーで細かく切り混ぜてから手を通すようにして粉とバターを混ぜます。バターが粉をかぶった粒子状となれば、冷水を加えて、手速く全体をあわせます。ここで練ってしまうと生地が堅くなりますので、スケッパーなどで軽くまとめます。手で軽く押えるようにして、まとめたものを半分に切り重ねるという作業を3~4回行ないます。この生地はビニール袋で包み、冷蔵庫で休ませます。

他の方法。

前記と同様に生地を用意して、この生地にカニの肉を詰めます。細かく刻んだパセリを散らします。これに全卵3個と生クリーム50~100mlを混ぜて、塩、胡椒、ナツメグで味をととのえたアパレイユを注ぎます。バター20gを小さく切って散らし、高温のオーブンで20分間ほど焼きます。カニを小エビに代えれば、小エビのキシュとなります。小エビはレモン汁1/2個分をふりかけてから生地に詰めます。

カニの季節は秋から冬です。

生のカニをゆでるには、鍋に5リットルの水、0.25リットルの酢を入れます。この鍋を火にかけて沸騰させ、水洗いして切り分けたカニを入れます。カニの重量によって多少の差はありますが20~30分間でゆであがります。

おなじカテゴリの記事

チョコレートムースタルト、チェリー味
アーモンド・ココア生地をカラ焼きして、2種類のチョコレートムースとチェリー味ゼリーをかさねます。アーモンド・コ…
43 views
マンゴォ・クラフティ
マンゴォの薄切りを、全卵と牛乳を主体とするクリームで一緒に焼いたものです。マンゴォの他にも、さまざまな果実類が…
47 views
スモモのチーズクリームタルト
タルト生地にスモモを並べて、そこにフロマージュブランのチーズクリームを詰めて、共焼きにします。スモモの酸味と、…
42 views
カボチャタルト
秋の銘菓といえばカボチャタルトです。生のカボチャを蒸し煮にして裏ごしてピュレにしたら、卵や砂糖、それに生クリー…
44 views
ワインクリームタルト
ブリオシュ生地にブドウ酒風味のクリームを詰めます。仕上げは粉砂糖とバターをクリームの上に散らしてオーブンでグラ…
38 views
シェーブル・チーズタルト
シェーブル(山羊の)チーズを、型にしき込んだ生地の上に輪状にならべてアパレイユとともに焼いたものです。軽い食事…
61 views
イチジクのアーモンドタルト
アーモンドクリームを生地に詰めてポルト酒漬けイチジクを並べ焼きます。クレム・パティシエールとクレム・ダマンドは…
42 views
エスカルゴのタルト、香草風味
エスカルゴとポワロ、エシャロットなどの香草をバター炒めにして、生クリームのアパレイユと生地に詰めて焼きます。パ…
52 views