39

Histoire de mille nuits 01

01_幸せな恋ならスフレは焦げる。

スフレなどの温製デザートは注文を受けてから、その時間を見計らい作ります。デザートになると、給仕人がいつもより急ぎ足になるようです。きっと、焼きあがったスフレが、その形を保つよう、沈まないように、と思うからでしょう。スフレは温製デザートの代表的なもののひとつで、スフレ・ア・ラ・クレーム(卵と牛乳、砂糖などのクリーム系)とスフレ・オ・フリュイ(果実のピュレなどをつかうもの)にわけることができます。いずれも卵白の泡立てが重要な役割を果たします。それに焼き方にも工夫が必要なので手がかかるデザートになります。お客さんの食事の進み方を考えながら準備しなければなりません。私個人として、もっとも美味しいと思ったのは、厨房のオーブン前で、スプーンを片手に待っていたときで、この時はレモン香スフレで、アングレーズソースを添えてもらいました。そこで、スフレをしっかりと味わいたいならば、オーブン前に食卓を設けて、焼きたてを待つのがベストかもしれません。そうすれば焼きあがりの形と風味を充分に堪能できます。オードリー・ヘップバーンとハンフリーボガートが共演の映画「麗しのサブリナ」。失恋した18歳のサブリナはパリで料理修業、何をしても失敗ばかり。ある場面でスフレが登場します。髭の先生が「まもなく、スフレのでき具合がわかります。スフレは華麗であるべきです。あたかも一対の蝶が・・、夏の日にワルツを踊っているように・・・」 それでは、あと5秒、4秒、3秒、2秒、1秒。そして生徒がいっせいに自分のオーブンに向かいます。自分の焼いたスフレを取り出して、先生が見て回り、ひとこと。「低すぎる」「色が薄い」「重すぎる」「まあまあ」「傑作です、さすが男爵です」
そしてサブリナはというと、「なっとらん」。「なぜ、こんな・・・」と落胆しているサブリナに、フォンテネル男爵は、
「料理に身が入ってなかった。恋をしとる。ずばり言えば、恋に破れている」
「わかるの?」

「よくわかる。幸せな恋ならばスフレが焦げる。
恋に破れていると、スイッチを忘れる」

うれしい時も、悲しい時も、ストーブ前(オーブン)に立ったならば充分に気をつけてください。焦げたものも、生焼けも食べられたものではありません。

おなじカテゴリの記事

08_においで道案内。|Histoire de mille nuits 08

08_においで道案内。

「駅の改札を出たら、パンのいい香りのする方に向かってみてください。階段…

03_ローマは金褐色のプディング。|Histoire de mille nuits 03

03_ローマは金褐色のプディ...

「全体としてローマはまったく平たい、あるいはどちらかといえば、金褐色の…

09_パリ風の菓子として挙げている|Histoire de mille nuits 09

09_パリ風の菓子として挙げ...

中世には、砂糖入りの料理はほとんど知られていなかった。17世紀、アンテ…

07_そう春だから夢を見て。|Histoire de mille nuits 07

07_そう春だから夢を見て。

梅の花も咲きはじめ、春が、近づいてきました。春のデザートといえば、その…

05_恋人を選んで愛のしるしを交換する。|Histoire de mille nuits 05

05_恋人を選んで愛のしるし...

聖ヴァレンタインの日に、恋人を選んで愛のしるしを交換する。で、チョコレ…