Baguettes sandwich 01

01_サンドウイッチ侯爵登場

この物語は1冊の本から始まります。

ある初冬の午後、神田・神坊町の古本屋街を歩いていると、洋書店の店先のガラスケースに濃緑色のポケット版が立てかけてありました。その周りは大判の画集、それらに挟まれて窮屈そうな姿、訴えるような小さな声が聞こえてきたように思えました。

もしもし、先程から眺めている貴方、私の、この緑色が気になっているんでしょう。ほんとにながいこと、ガラスケースの中で飾られているんですが、そろそろ取り出して貰いたいと思っていたんですよ。なにしろ、ダリやレンブラントと並んでるのは退屈なんですよ。何といっても厨房の香りが恋しいんです。

やっと手にとってくれましたね。どうです。小さいけれど、そして少し古いけれど、ずっしりと手応えがあると思いません。それに見てください。扉に飾られている写真。素敵でしょう。これが私です。

金のレース付のコート、鬘、襟飾り、腰には剣。なかなかのものでしょう。当時のお洒落で、流行のスタイルですよ。え、私が誰だって。今から200年前。私は偉大なる料理を残して、この世を去ったのです。1792年5月28日。そう、本当に惜しかった。現代の、20 世紀に生まれていたら、私はカーネル・サンダースのように世界中の都市に立って、大勢の人に眺めてもらえたのです。何しろ、私の顔や生まれた日、1625年 7月 27日、を知らなくても、 みんなが私の名前だけはご存じなのだから。誰でも一度は口にしたことがあるのです。きっと現代だったら、色々な雑誌に私の顔が飾られて、料理番組にも出演したことでしょう。まことに惜しいことをしましたよ。そう、私の名前は、ジョン・モンターギュー・サンドウィッチです。ところで、後世の人が、私の略歴を書いてくれるのは誠に有り難いことなのですが、どうも困ったことがあるのです。

私が英国で、海軍大臣の職にあったという名誉をお認めいただくのは良いのですが、その後がいけません。ある百科辞典によれば、こうなります。彼は政治家としては大変不評判だった。いえいえ、私の政策がご理解いただけなかったことだけなのですよ。そして、これが困ったのです。

私が生まれつきのバクチ好きで、食事時になると召使に命じてパンを薄く切らせ、 その中に牛肉をはさんだものを作らせて、 それを食べながら勝負を続けた、 となるのです。ちょっと、 待ってください。これじゃあ、 私がまるでバクチ打ちのろくでなしのように思われるじゃないですか。もう少し、文章に優しさが欲しいですね。たしかに、 カルタ遊びが好きでしたよ。その当時、 私たちの階級、仲間内でトランプやカルタ遊びが流行っていたんです。私だけがやっていたのではないですよ。それをバクチ好きは無いでしょう。そう思いませんか。トランプに熱中していたおかげで偉大なる料理、サンドウィッチが生まれたのですから。

関連の高い記事

02_サンドウイッチ侯爵登場
サンドウィッチについての評判は、いや不評ですかね。それは料理研究家の皆さんがよく言われてますが、その極め付きを…

インフォメーション

サンドウイッチ
5点

twitter.com
最新記事の配信をしてます

おなじカテゴリの記事

02_サンドウイッチ侯爵登場
サンドウィッチについての評判は、いや不評ですかね。それは料理研究家の皆さんがよく言われてますが、その極め付きを…
03_サンドウイッチ侯爵登場
それはそうと、この調理場の匂い、 なんとも素敵ですなぁ。この匂いが、 私の体中に染み込んでいくようで、こんなに…
04_サンドウイッチ侯爵登場
それはそうと、私が発明した最初のサンドウィッチは、ローストビーフをはさんだものと言われています。確かに、これが…
05_サンドウイッチ侯爵登場
サンドウィッチは、あらかじめ素材を準備しておけば、リクエストに応じてどのようなものもすぐに作ることができます。…

4

SERVICE

クラシカルな洋菓子レシピ
CLASSICAL RECIPES

料理人と仕事 オンライン
ONLINE BOOKS

プロ向け書籍のご案内
CLASSICAL SERIES

ABOUT US

私たちの想い
CORPORATE PHILOSOPHY

企業情報
MORRIS COMPANY, INC.

利用規約
PRIVACY POLICY

情報配信
TWITTER.COM

RECENT POST

2019/12/13 レ・ドゥイヨン
2019/12/11 ガトゥ・ノルマンド
2019/12/10 メルヴェイユ・シャランテーズ
2019/12/08 クラフティ・ペリグルディーヌ
2019/12/08 料理人の必須条件3 職業上の勉学2
2019/12/08 料理人の必須条件3 職業上の勉学1
2019/12/07 料理人の必須条件2 精神の統括力
2019/12/03 ガレット・ペルジエンヌ
2019/11/30 ガレット・シャランテーズ
2019/11/29 トゥルト・オ・フロマジェ