Dacquoise chocolat

ダクワーズ・ショコラ / チョコレート風味ダコワーズ

チョコレート味のダコワーズ。これにはチョコレート風味のムスリーヌが最適です。

ダコワーズ生地 Dacquoise

卵白180g、砂糖60g、タンプルタン(ノワゼット)225g、ココア粉60g

卵白をほぐしてから、ミキサーにかけて泡立てます。途中、砂糖を少量ずつ加えながら泡立てて、しっかりとした泡立てのメレンゲ状とします。ここにタンプルタンとココア粉を何回かに分けながら加えて、丁寧に混ぜ合わせます。テン板に油脂をうすくぬり広げて、小麦粉をふります。さらに霧を吹きます。この上に、直径15センチのセルクルを並べます。丸口金を付けた絞り袋に上記のアパレイユを詰めて、厚さ1.5センチほどに絞り詰めます。セルクル型を外して、粉砂糖をふりかけます。テン板を二重にして、温度 160~170 ℃のオーブンで、40分間を目安に焼きます。オーブンから出したら、充分に粗熱を取り、テン板から剥がします。これは二枚一組とします。

チョコレート味ムスリーヌ Crème mousseline au chocolatクレム・ムスリーヌ・オ・ショコラ

クレム・ムスリーヌ(下記) 750g、スウィートチョコレート 300g、生クリーム 200g、カカオリキュール 適量

生クリームは植物性のものを利用しても良いでしょう。クレム・ムスリーヌは下記を利用します。チョコレートを細かくきざんでからボウルに入れます。手鍋に生クリームを入れて、直火にかけて沸騰に導きます。この生クリームをチョコレートに注ぎ入れて、良く溶かし混ぜます。これは粗熱を取り、充分に冷まします。先に用意したクレム・ムスリーヌと混ぜ合わせます。好みでカカオリキュールを加えて香味を整えます。

クレム・ムスリーヌ Crème mousseline

牛乳500ml、バニラ1/2 本、全卵3 個、砂糖 250g、プードル・ア・クレム50g、バター250g、コアントロ 適量

手鍋に牛乳とバニラ棒を入れて沸騰に導きます。別に全卵と砂糖を充分に泡立てます。ここにプードル・ア・クレムを混ぜます。先の熱した牛乳を注ぎ入れて、かき混ぜてからフルイにとおして、再び手鍋に移し入れます。これは中火にかけて混ぜながら煮上げます。鍋を火から下ろしてバター半量を混ぜます。このまま粗熱を取り、冷まします。残りのバターをポマード状として混ぜます。

仕上げ

ダコワーズの生地を二枚一組として、あいだにチョコレート味ムスリーヌをはさみますが、クリームは適量をぬり広げるか、好みの口金を利用して絞ります。上面にココア粉をふりかけて仕上げとします。

関連情報

デザートカタログ162
1999/9 release

焼き菓子系統
98点

おなじカテゴリの記事

ヨーグルトケーキ
ヨーグルト入り共立法バタースポンジ。生クリームを加えたビスキュイは前述してあります。生クリームは風味とともに起…
63 views
ガトゥ・バスク
バタースポンジ共立法。オレンジとラム風味ビスキュイとクレム・パティシュールを層状にかさねて焼きます。フランス・…
52 views
ホットケーキ(クランペット)とワッフ...
ホットプレートで焼くイーストケーキです。クランペット、パイクレットと呼ばれていますが、ロンドンを中心にクランペ…
49 views
デーニッシュ(ペストリー)
デーニッシュと呼ばれる商品。これはパイ生地と同様に醗酵生地を折りかさねて、さまざまなフィリングなどを、生地上に…
51 views
ダンディ・ケーキ
ダンディケーキと呼ぶものは、一般的なバターケーキ配合にレーズンやピール類を加えたものから、伝統的な配合例まで様…
57 views
チェリーケーキ
砂糖漬けチェリーを混ぜたバターケーキ。上面にチェリーを飾って焼きます。ジャムをぬり広げる仕上げで、チェリーケー…
45 views
オレンジ・ウォルナッツ・ブレッド
いわゆるオレンジと、なつめやし、クルミなどを混ぜだティーブレッドです。ベーキングパウダーを加えた油脂の少ないバ…
60 views
ギネス・ケーキ
アイルランドのフルーツケーキといえば、古代ケルト時代からつづく祭りの時に作るバーム・ブラック、そして黒ビールを…
93 views

69

11