Tarte au fromage blanc

タルト・オ・フロマージュ・ブラン / フロマージュブラン・チーズケーキ

オレンジ香料の香りが、さわやかなベイクド・チーズケーキです。薄力粉を少量加えることでアパレイユ全体をつないでいます。参考配合の薄力粉を加えないタイプと比べて下さい。

フロマージュブラン400g、卵黄3個、薄力粉40g、フルールドランジュ少々、砂糖100g、パート・シュクレ(下記)

フロマージュブランを充分に練りかえしてから、卵黄と薄力粉、小匙1杯程度のフルール・ドランジュ(オレンジ香料)、砂糖を加えて、泡立器で充分にすり混ぜます。全体がなめらかなクリーム状となったら、下記で用意した型に注ぎ入れて、温度220℃のオーブンで、35分間を目安に焼きます。オーブンから出したら、粗熱を取り、型から外して冷まします。

パート・シュクレ / Pâte sucrèe

バター550g、粉砂糖225g、薄力粉625g、コーンスターチ125g、塩4g、全卵80g、水35ml

薄力粉とコーンスターチをフルイにとおしながら混ぜてフォンテーヌ状とします。この中央のくぼみにバターと粉砂糖を入れて、充分にすり混ぜます。さらに全卵と水、塩を加えて、すり立てます。後、周囲の粉類を引き込むようにして混ぜます。全体をひとまとめにして、手粉をふった台に移します。めん棒で薄く伸して、型にしき込んで、生地の底面を充分にピケしてから、紙をしき込み、タルトストンを詰めて高温のオーブンで半焼きにしておきます。

もうひとつのレシピは、フロマージュブラン500g、全卵 200g、砂糖3個、レモン2個、バニラ少々ですが、この配合は薄力粉の加わらないタイプです。フロマージュブランは充分に練りかえしておきます。別に、全卵と砂糖を充分に泡立てます。これを先のフロマージュブランに混ぜます。レモン果汁と皮のすりおろしを加えて香味を整えます。前記と同様にカラ焼きにしたパートに詰めて、高温のオーブンで、25分間を目安に焼きます。

関連情報

デザートカタログ162
1999/9 release

チーズケーキ系統
12点

おなじカテゴリの記事

イタリアン・チーズナッツパイ
各種のナッツ類を加えたチーズパイ。ナッツ類は松の実やアーモンド、さらにオレンジピール、レーズンなどが加わって大…
59 views
ガトゥ・オ・フロマージュ
古典的な配合のチーズケーキです。クリームチーズとサワークリームを使って、それぞれの味わいを充分にいかしたもので…
76 views
シェーブル・チーズタルト
シェーブルチーズを、型にしき込んだ生地の上に輪状にならべてアパレイユとともに焼いたものです。軽い食事用にもなり…
71 views
チーズ味クレム・ブリュレ
クレム・ブリュレはレストラン・デザートとしてすっかり定着しました。これにクリームチーズを加えて、香味に工夫をし…
62 views
シェーブルチーズ・ミルフィーユ
シェーブルチーズと生クリームにナツメグなどを加えたチーズクリームを、焼き上げたパイにはさんだもの。オードブルな…
72 views
フロマージュブラン・スフレケーキ
スフレタイプの、フロマージュブランのチーズケーキ。パルメザンチーズのそぼろを振りかけて焼きます。レーズンは温湯…
73 views
ラムレーズン・チーズキシュ
ラム酒で和えたレーズンを加えるチーズ・キッシュ。ラムレーズンはアメリカ独特の風味です。適量あらかじめパート・ブ…
60 views
バナナ・チーズケーキ
チーズケーキはもっとも人気ある商品。ここで紹介するのはスフレタイプで、クリームチーズにサワークリームとバナナの…
62 views

207

54