ジャンブレット

伸し生地、油脂が糖分より多い配合で、その総量が小麦粉よりかなり多く加わります。フランスで古い時代から伝わる配合です。パートは充分に冷やしてから伸して、抜型で 「指環」の形に抜きます。

薄力粉500g、砂糖300g、バター400g、シトロン皮(すりおろし)1個、卵黄6個

薄力粉をフルイにとおしてから、フォンテーヌ状とします。この中央のくぼみに、砂糖とバター、シトロン皮のすりおろし、卵黄を加えて、これらを充分にすり混ぜます。周りの粉を引き込み、パート状とします。ひとまとめにして、これを冷蔵庫で冷し固めます。後、手粉をふった台で、めん棒で厚さ6ミリに伸します。直径3センチのギザ付の丸抜き型で抜いて、さらに中央を直径1.5 センチの丸抜き型で抜きます。この形が指輪のようになります。テン板に移し並べ、上面に溶き卵をぬり広げて、温度180℃のオーブンで、10~15分間を目安に焼きます。

6

似ているレシピ

関連書籍とカテゴリ

レシピカテゴリ

© 2003 - 2020 MORRIS COMPANY, INC.