Crumpets/Waffle

ホットケーキ(クランペット)とワッフル

ホットプレートで焼くイーストケーキです。クランペット、パイクレットと呼ばれていますが、ロンドンを中心にクランペット、中部から来たではパイクレットと呼びます。わが国ではホットケーキ。上質配合では全卵や牛乳を加えることになり、レーズンやミックスピールなどを加えると風味豊かなものになります。以下配合は、もっともプレインなタイプ。同じくワッフルも参考で記しておきます。

牛乳600g、ドライイースト10g、砂糖15g、塩少々、全卵2個、薄力粉450g

手鍋に牛乳と砂糖を加えて弱火で温めます。ここにイーストを混ぜます。そのまま15分間ほど温かい場所で醸酵させます。薄力粉と塩をフルイにとおして混ぜて、ボウルに移し入れてフォンテーヌ状とします。イースト液と泡立てた全卵を加えて混ぜ合わせます。周りの粉類を引き込むようにして混ぜて、さらに10分間ほど練り混ぜます。これを布を被せて温かな場所で1時間ほど醸酵させます。あらかじめ熱した鉄板か、厚手のフライパン、あるいはホットプレートを用意して、油をうすくぬり広げてアパレイユをスプーンで適量ずつ広げて焼きます。上面が乾いた状態となりはじめたらスパテラで丁寧に逆に返します。両面がきれいに焼けたら皿に移してバターとジャムを添えて、紅茶とともに供します。もし、焼いてから時聞が過ぎて冷めたら、軽くトース卜して供します。写真後方はワッフルWaffle。以下配合でつくります。

薄カ粉160g、砂糖20g、塩少々、牛乳250g、全卵5個、バター100g

バターは湯せんで溶かします。全卵を卵黄と卵白とに分けて、卵白は少量の砂糖と泡立ててメレンゲとします。卵黄に残りの砂糖と塩を加えて泡立てます。牛乳を注ぎ入れて、薄力粉を混ぜます。溶かしバターを混ぜて、最後にメレンゲを混ぜます。メレンゲはワッフルを型焼きするときに、泡立てたものを混ぜることで状態が良くなります。ワッフル型を充分に熱して、適量のアパレイユを詰めてきれいに焼きます。

関連情報

焼き菓子403
1999/2/15 release

焼き菓子系統
98点

おなじカテゴリの記事

クイーニャマン
イースト生地にバターを包んで、幾重にも折りかさねて、パイのような層状にして型詰めにして焼きます。折りたたむのが…
51 views
ツーリスト・ケーキ(2)
ツーリスト・ケーキをより持ち運ぶのに便利なようにパウンド型で焼きました。フルーツ類も砂糖漬けチェリーを除いて、…
48 views
ギネス・ケーキ
アイルランドのフルーツケーキといえば、古代ケルト時代からつづく祭りの時に作るバーム・ブラック、そして黒ビールを…
91 views
フルーツブレッド
デーツの砂糖漬けと、クルミ、オレンジ皮を混ぜだティーブレッ ドです。手鍋に牛乳とバター、ゴールデンシロップを入…
50 views
サブレ・ブルトン
フランスの銘菓。卵黄とバターを充分にすり立てることで軽い味わいが得られます。通常はめん棒で伸して型抜きとします…
171 views
オールドファッションド・バターケーキ
デーニッシュ生地を型にしき込んで、その上にバターをぬり広げて巻いた生地を詰めて焼きます。幾重にも層状となった生…
50 views
バナナブレッド
バナナはカリブ海周辺が原産。レーズンやピカンナッツを加えた配合はとても味わい豊かです。バナナはよく熟したものを…
61 views
フィナンシェ(1)
フランスの銘菓。卵白のアーモンドスポンジで、焦がしバターの香りが上品な味わいとなっています。小さな形に焼き上げ…
48 views

48

9