American muffiins

アメリカン・マフィン / マフィン

マフィンは英国伝統の商品です。アメリカに移民とともに渡り、その配合例は、多種多様に広がりました。ここで紹介するものはバナナやベリー類、ナッツ類などを混ぜるもので、いかにもアメリカ的な商品として生まれ変わっています。なお、膨張剤はベーキングパウダーを使います。

強力粉110g、全粒小麦粉110g、塩少々、ベーキングパウダー8g、黒砂糖8g、ショートニング40g、牛乳225g、全卵1個

強力粉と全粒小麦粉、塩、ベーキングパウダー、砂糖をフルイにとおして混ぜます。大きなボウルに移し入れてショートニングを加えて良くすり混ぜま す。後、フォンテーヌ状として中央のくぼみに牛乳とほぐした全卵を加えて、粉類と良く混ぜ合わせます。全体を充分にかき混ぜて、なめらかな生地(ドゥ)とします。マフィン型を用意して型の内側にうすく油をぬり広げます。この型に生地を詰めて、温度200℃のオーブンで、20分間を目安に焼きます。オーブンから出したら粗熱を取り、型から外して冷まします。全粒小麦粉を一般的な強力粉に置き換えてもよいです。またトウモ ロコシ粉とするとコーン・マフィンとなります。写真後方の平らな形はコーンマフィン。以下配合を利用します。

強力粉500g、塩10g、砂糖10g、フレッシュイースト15g、牛乳100g、水(25℃)225g

これは通常の方法、フレッシュイーストと砂糖を混ぜて、ここに牛乳と温湯を加えて、20分間ほど醗酵させます。これに強力粉と塩を混ぜて、よく練って、75分間ほど醗酵させます。ひとつの大きさを40gとして成形して全体にトウモロコシの細粒をまぶしま す。形を整えてテン板に並べて、再び15分間ほど醗酵させます。温度220℃のオーブンで、10分間を目安に焼きます。

関連情報

焼き菓子403
1999/2/15 release

焼き菓子系統
98点

おなじカテゴリの記事

ビスキュイ・ブルギニョン
生クリーム入り共立法バタースポンジ。生クリーム入りスポンジは各種あります。生クリームを加えると、乳の香りも加わ…
53 views
ハニー・ウォルナッツケーキ
蜂蜜入りバターケーキ、クルミの刻みを混ぜます。大変ソフトな生地で、蜂蜜味のアイシングで仕上げて全体の調和をはか…
63 views
クリスマス・シュトーレン
クリスマスケーキとして定着したイーストケーキです。生地にレーズンやレモンピール、オレンジピール、アーモンドなど…
50 views
ターバン・ケーキ
フルーツ入りバタースポンジ、別立法。ターバンはインドなどで男性が頭に巻く頭巾、ターバン風の帽子、19世紀に流行…
60 views
ダーク・ジンジャーケーキ
砂糖漬けジンジャーとサルタナを混ぜたパターケーキです。赤砂糖と糖蜜を使うので風味は豊かです。名前どおり生地はき…
52 views
パウンドケーキ(2)
パウンドケーキと同様の生地を円形の型で焼いたものです。シュガーバッタ一法バターケーキ。パウンドケーキは、バター…
70 views
アーモンドヌガー・バターケーキ
別立てバターケーキ、シュガーバッター法で作ります。アーモンドと砂糖を煮詰めるヌガー砕きを、アパレイユに混ぜて焼…
55 views
リシュリュ・リング
フラワーバッター法。4同割りの配合で、ベーキングパウダーで膨張を補い、中空型で焼きます。この型を用いることで、…
53 views

64

14