Gâteau Basque

ガトゥ・バスク

バタースポンジ共立法(クレム・パティシュール層と共焼き)。オレンジとラム風味ビスキュイとクレム・パティシュールを層状にかさねて焼きます。フランス・ バスク地方の銘菓です。

バター200g、薄力粉270g、ベーキングパウダー5g、全卵3個、グラニュー糖240g、オレンジ果汁1/2個、バニラエッセンス少々、ラム10g、クレムパティシエール190g

薄力粉とベーキングパウダーをフルイにとおして混ぜます。バターは湯せんで溶かして、粗熱を取ります。全卵を泡立器でほぐして、グラニュー糖を加えて軽く泡立てます。ここに溶かしたバターを加えて良く混ぜます。先の粉類を3回ほどに分けて加えて、全体を良く混ぜ合わせます。オレンジ果汁とバニラエッセンス、ラムで香味を整えます。このアパレイユを約15分間ほど休ませます。直径20センチの丸型を用意して、型の内側にバターをぬり広げます。この型にアパレイユを直径1.5センチの丸口金を付けた絞り袋に詰めて、型の外側から内側に向けて渦巻き状に絞ります。この上に下記参照のクレム・パティシエ ールを厚さ1センチにぬり広げます。この時、型の縁部分は幾分開けておきます。この上に、再び、先のアパレイユを絞ります。配合外の溶き卵をぬり広げて、温度200℃のオーブンで、40分間を目安に焼きます。オーブンから出したら粗熱を取り、型から外して冷まします。クレム・パティシエールは以下配合で用意します。

牛乳250g、バニラ1/4本、卵黄3個、グラニュー糖75g、薄力粉20g

手鍋に牛乳と縦に切り割いたバニラを入れて、直火で沸騰に導きます。別に 卵黄と砂糖を充分にすり立てます。ここに薄力粉を混ぜます。熱した牛乳をフルイにとおしてから卵黄などに注ぎ入れます。全体を良くかき混ぜて、手鍋に移して、再び中火で煮上げます。清潔なバッ トに移して表面に溶かしバターをぬり広げて冷ま します。

関連情報

焼き菓子403
1999/2/15 release

焼き菓子系統
98点

おなじカテゴリの記事

カシス・バターケーキ
アーモンドクリームにカシスを詰めて共焼きにします。クリームの香料と、中に詰めるフルーツを代えることで、さまざま…
54 views
ト・フェ
コーンスターチ入りバターケーキ、シュガーバッター法。焼き上げてから仕上げを加えない、焼きっぱなしと呼ぶ商品。ガ…
59 views
サフランケーキ
復活祭の季節にウインドに飾られます。サフランを使って、淡いオレンジ色としたイーストケーキで、ドライフルーツや柑…
48 views
ウォルナッツ・ツゥイスト
レーズンを混ぜたイースト生地を三つ編みにして焼きます。ブリオシュ生地でも同様のスタイルを紹介しています。形、編…
53 views
ラム(アンド)ウォルナッツ・クグロフ
クグロフ型で焼くイーストケーキで、フルーツ類をラム香味にしてドゥに混ぜます。ラム香味のアイシングをかけて、風味…
58 views
リシュリュ・リング
フラワーバッター法。4同割りの配合で、ベーキングパウダーで膨張を補い、中空型で焼きます。この型を用いることで、…
53 views
ツーリスト・ケーキ(2)
ツーリスト・ケーキをより持ち運ぶのに便利なようにパウンド型で焼きました。フルーツ類も砂糖漬けチェリーを除いて、…
48 views
ベィグル
輪状のドゥを熱湯で茹でて最終醗酵させます。ドゥを茹でて醗酵させる方法はエショデ / Echaudé…
49 views

51

9