Tarte à la rhubarbe

タルト・ア・ラ・リュバルブ

ルバーブタルト。ルバーブを砂糖で和えて、半焼きの生地に詰めて、そこにフランのアパレイユを詰めて、さらに共焼きにします。

ルバーブ800g、全卵2個、砂糖125g、生クリーム125g、パート・ブリゼ250g

パート・ブリゼを厚さ3ミリに伸して、タルト型にしき込み、生地底をピケして、紙を被せてタルトストンを詰めて半焼きにします。ルバーブは水洗いして葉部分を除いて、茎部分の薄皮を剥きます。これを長さ1~2センチに切り揃えて、配合外の砂糖をまぶします。そのまま約一時間和えておきます。フランのアパレイユを作ります。ボウルに全卵を入れて、ほぐしたら砂糖を加えてよくかき立てて、生クリームを混ぜます。先のルバーブの水気を切り、生地に詰めて、高温のオーブンで、20分間ほど焼きます。この後、フランのアパレイユを注ぎ詰めて、さらに10~15分間焼きます。

パート・ブリゼ / Pâte brisée

フレィキィ・ペースト / Flaky Paste(英)

薄力粉500g、バター250g、塩10g、水(冷水)200ml

薄力粉をふるいにとおして、塩を混ぜます。このふるった粉の上にバターをおき、スケッパーで細かく切り混ぜてから手を通すようにして粉とバターを混ぜます。バターが粉をかぶった粒子状となれば、冷水を加えて、手速く全体をあわせます。ここで練ってしまうと生地が堅くなりますので、スケッパーなどで軽くまとめます。手で軽く押えるようにして、まとめたものを半分に切り重ねるという作業を3~4回行ないます。この生地はビニール袋で包み、冷蔵庫で休ませます。この配合に砂糖10gを加えると甘味のパート・ブリゼ / Pâte brisée sucrée となります。

関連情報

収穫月のタルト
1985/2 release

タルト系統
85点

おなじカテゴリの記事

パイ・ドゥ・プーレ
チキンパイ香草風味。鶏肉と仔牛肉を各種の香草と混ぜて詰めます。パート・フィユテを厚さ2ミリに伸して、タルト型に…
46 views
ガレット・オ・ザマンド
フランス伝統菓子「ガレット・デ・ロワ」で知られるスタイルで、パイ生地にアーモンドクリームを詰めて共焼きにします…
59 views
タルト・フリュクティドール
果樹園のフルーツパイ。この果樹園のフルーツパイと名づけられたレシピは「アントルメ選集」に載されたものです。この…
46 views
アンズのガレット、レーヌ風
レーヌ風、アンズのガレットです。この配合では乾燥アンズをシロップ煮にしてサブレ生地のあいだに詰めて共焼きにしま…
56 views
ラズベリーアイスクリームのメレンゲタ...
この菓子を最良の状態で供しようとするには、それぞれの素材をあらかじめ準備しておき、供する直前に仕上げると良いで…
60 views
イチジクのアーモンドタルト
アーモンドクリームを生地に詰めてポルト酒漬けイチジクを並べ焼きます。クレム・パティシエールとクレム・ダマンドは…
53 views
カシス(黒すぐり)タルト
カシスのタルトですが、アパレイユはフラン / flan の系統です。ですから焼きあがったものは、やわらかなクリ…
53 views
仔牛肉とジャガイモのトゥルト、香草味
仔牛肉とジャガイモを二枚の生地に詰めて焼きます。タルト型を使わずにテン板に生地を直接置いて作ります。パート・フ…
47 views

74

26