Tranches Framboisies

トランシュ・フランボワジィ

フランボワーズのムースクリームを軽いビスキュイをしき込んだ型に詰めて冷やしたものです。同じような組み立てで、季節に応じてバリエーションが作れます。

フランボワーズ(冷凍)900g、生クリーム1000g、粉砂糖400g、ゼラチン60g、イタリアンメレンゲ50g、レモン果汁1/2個分、キルシュ適量

上記配合でフランボワーズムースを作ります。フランボワーズは解凍してフルイにとおして種を除きます。このピュレに粉砂糖を混ぜます。生クリームを七分立てにして混ぜます。溶かしたゼラチンを混ぜて、全体を整えます。イタリアンメレンゲ(下記参照)を混ぜて、レモン果汁とキルシュで香味を整えます。トヨ型(グティエールgouttiere)にジェノワーズ(下記参照)をしき込み、ここに型の1/3まで上記のアパレイユを詰めて冷蔵庫で冷やします。後、ビスキュイをかさねてアパレイユを縁まで詰めます。ビスキュイを被せて冷蔵庫で冷やして固めます。型から丁寧に抜いて、全体にフランボワーズのゼリーをぬり広げて仕上げとします。

イタリアンメレンゲ / Meringue italienne

卵白120g、グラニュー糖250g、水100g

銅手鍋に砂糖と水を入れて強火にかけて120℃まで煮つめます。ボウルに卵白を入れて泡だてます。ここに煮つめた糖液を糸をひくように少しずつ注ぎ入れます。温度が30~35℃になるまで泡立て続けます。

ジェノワーズ・レジェール / Génoise légère

卵黄360g、卵白270g、砂糖270g、小麦粉100g、バター150g

別立て法でつくります。卵黄と卵白を。それぞれ砂糖1/3、2/3量を加えてよく泡立てます。この卵黄と卵白を混ぜて、さらに小麦粉を混ぜます。最後に溶かしバターを混ぜます。テンパンに紙をしき込み、七~八分目まで詰めて、温度160~180℃、20分間の目安で焼きます。

関連情報

食卓の饗宴
1980/11 release

アントルメ系統
72点

おなじカテゴリの記事

ミルフィユ・オ・ノワゼット
パイ生地にヘイゼルナッツ入りのバタークリームをはさんで、全体をビスキュイで包みます。上面にオレンジジャムをぬり…
22 views
ボンドン・ドゥ・フレーズ・レジャーヌ
ジェノワーズをすこし厚めのシート状に焼いて、これを円形に切り整えて、なかをくぼみを作るようにします。ここにイチ…
13 views
クルート・オ・ポワール・ア・ラ・パリ...
洋ナシのクルート、パリ風。ブリオシュやサバランなどの発酵生地を薄切りにしてオーブンで焼いてクルートにします。こ…
73 views
スリーズ・ジュビレー
温かいフルーツのデザートで、いわゆるフランべものといえば、バナナ・フランベと、このチェリーのフランベが良く知ら…
104 views
バナーヌ・ア・ラ・グルノブロワーズ
バナナにクルミ味のクレム・グルノブロワーズをはさみます。クレム・アングレーズとクルミのヌガーを添えて供します。…
61 views
メロン・ラフレシ
フルーツをつかった冷菓で代表的なものがメロンのラフレシと呼ばれるものです。簡単にいえば、生のメロンを冷やして供…
73 views
フルーツ・コンポート(オレンジ、ビワ...
オレンジのコンポート手鍋に水と砂膳を入れて直火にかけて沸騰させ、火からおろし、ぶどう酒とレモン果汁、クローブを…
76 views
オランジュ・スフレ
オレンジ・スフレです。オレンジの果肉を、形を崩さずに取り出して、これはスフレに、果皮は器として使います。美しい…
113 views

24

23