Oeufs à la neige

ウ・ア・ラ・ネージュ

淡雪、雪玉。牛乳または塩水で茹でたメレンゲをクレム・アングレーズにおくもので、英語でフローティング・アイランド / floating island(浮き島)とも呼びます。これですと氷山ですかね。ふぁっと、なめらかで、ほんのりと甘い。ふるくから伝わるデザートの逸品です。牛乳で煮ると重くなるということから塩水でゆでたり、あるいはオーブンで焼いたりと、作り方には工夫があります。まずはオーソドックスな牛乳で茹でてみました。

卵白300g、砂糖350g、コーンスターチ50g、バニラシュガー少量

上記配合でムラング・オルデイネールと同様につくります。ボウルに卵白を入れて氷で冷やしながらほぐして、砂糖とコーンスターチ、バニラシュガーを3回ほどに分けながら加えて、充分に泡だてます。パーチメント紙にスプーンまたはしぼり袋で卵形に形つくります。手鍋に配合外の牛乳とバニラを入れて熱します。この中に紙ごと入れます。いちど返すと紙は剥がれます。あるいはアイスクリーム用ディッシャにメレンゲを詰めて、熱した牛乳に加えてもいいです。かるく煮立っている牛乳の中で1~2分間、静かに茹でます。このあと丁寧にとり出して、網(裏ごし)にのせて水気を切ります。好みの香りをつけたクレム・アングレーズ(下記参照)または好みのソース・オ・フリュイ(下記参照)とともに供します。写真のようにカラメルを絞って仕上げたり、ナッツのヌガーやマカロンなどの粗砕きを散らしてもよいでしょう。

クレム・ア・ラングレース / Crème à l'anglaise

牛乳500g、生クリーム500g、卵黄160~200g、砂糖250g、塩ひとつまみ、レモン1個分

手鍋に牛乳と生クリームを入れて中火にかけて沸騰直前まで熱します。卵黄と砂糖を混ぜて、煮たてた牛乳と生クリームを少しずつ注ぎ入れながらよく混ぜます。別鍋に移し入れて弱火で煮ます。これをシノワにとおします。レモン果汁と果皮のすりおろしを混ぜます。

ソース・オ・フリュイ / Sauce aux fruits

アンズピュレ1000g、粉砂糖1200g、レモン果汁1個分

手鍋にピュレ(裏ごし)と粉砂糖、レモン果汁を入れて、直火にかけて軽く沸騰させます。これをゆっくりと冷まして、冷蔵庫でひと晩休ませます。

関連情報

食卓の饗宴
1980/11 release

アントルメ系統
72点

おなじカテゴリの記事

コンポート・ドゥ・ペシュ・オ・ヴァン...
桃のコンポートで、白ワイン入りのシロップで、皮を剥いた桃をやわらかく煮ます。これもよく冷やして、パティスリー・…
73 views
ポワール・オ・フラムリ
フラムリやタピオカを白ワインと牛乳などで柔らかく煮て、その上にシロップ煮の西洋ナシを重ねたものです。温かいクレ…
74 views
クルスタディーヌ・モンモランシィ
チェリーのコンポートを詰めたクルスタディーヌ。クルスタードとはカリカリに焼いたもの、主にパイのようなものを指し…
30 views
クレプ・シュゼット
クレープ・シュゼットは温かいアントルメのなかで最も名前の知られたもので、名高いデザートとなりました。その理由の…
74 views
クレム・ボリヴァージュ
クレム・オ・カラメルを型で焼いて、この中央のくぼみにクレム・フエテを詰めたコルネを飾ります。浅いタンバル型、プ…
163 views
シャルロット・ダランベール
西洋ナシを詰めたシャルロット、アランペール風。いわゆるシャルロット型にブリオシュの生地をしき込んで、その中に洋…
83 views
ヴァシュラン・フレゼット
ヴァシュラン・フレゼットと組み立ては同じです。ただ、このデセールの方が手軽に作れそうです。メレンゲの器に泡立て…
38 views
オムレット・ムスリーヌ・ステファニィ
温かいデザート、イチゴ入りのオムレットスフレです。グランマルニエでマリネしたイチゴをあいだにはさんで焼きます。…
75 views

76

17