Charlotte Maintenon

シャルロット・メントゥノン

シャルロット・マンテノン侯爵夫人風。シャルロットは婦人用帽子のスタイル名で、その型と底面と側面にパティスリーの層が、形が似通っていることから名づけられたものです。シャルロット・フロワは、焼上げたビスキュイ・ア・ラ・キュイエールやビスキュイの薄切りなどを型の側面に貼り付けて、真ん中の空間にアパレイユ(バヴァロワなど)を詰めるものです。

ジェノワーズ(下記参照)を約1センチ厚に水平に2枚切ります。残りは、大きさをそろえて薄切りにします。シャルロット型の底に上記のジェノワーズを1枚しき込みます。型の側面に薄切りのジェノワーズを貼ります。ここにアパレイユ・ア・メントゥノン(下記参照)を詰めて、残りのジェノワーズを被せます。冷蔵庫で冷やし固めます。上面にチョコレートの花を飾り、クレム・アングレーズ(下記参照)を添えて供します。

シャルロット・メントウノン風フィリング / Appareil à Maintenon

皮むきアーモンド100g、ビターアーモンド香料微量、粉砂糖150g、バター150g、クーヴェルテュール(アメール)200g、生クリーム500g

アーモンドをローラーで細かく挽きます。クーヴェルテュールを削って湯せんで溶かします。バターを砂糖とポマード状に練ってアーモンドとクーヴェルテュールを混ぜます。クレム・フエテを混ぜます。

クレム・ア・ラングレース / Crème à l'anglaise

牛乳500g、生クリーム500g、卵黄160~200g、砂糖250g、塩ひとつまみ、レモン1個分

手鍋に牛乳と生クリームを入れて中火にかけて沸騰直前まで熱します。卵黄と砂糖を混ぜて、煮たてた牛乳と生クリームを少しずつ注ぎ入れながらよく混ぜます。別鍋に移し入れて弱火で煮ます。これをシノワにとおします。レモン果汁と果皮のすりおろしを混ぜます。

ジェノワーズ・フィーヌ / Génoise fine(上質のジェノワーズ)

全卵400g、砂糖250g、小麦粉250g、バター250g、レモン表皮またはバニラ香料少量、(小麦粉の1/3~1/2量をコーンスターチに代えてもよい)

共立法です。ボウルに全卵と砂糖、すりおろしたレモン果皮を加えて、湯煎にかけながら泡だてます。充分に泡立てたら、ふるいにとおした小麦粉を混ぜます。溶かしバターをスパテラで受け止めるようにしながら混ぜます。テンパンに紙をしき込み、七~八分めまで詰めて、温度160~180℃で、25分間を目安で焼きます。

関連情報

食卓の饗宴
1980/11 release

アントルメ系統
72点

おなじカテゴリの記事

ヴァシュラン・フレゼット
イチゴのバシュラン。バシュランはメレンゲを焼色をつけずに乾燥焼きにして器にするアントルメです。ただし、メレンゲ…
101 views
スフレ・ロートシルト
ロスチャイルド風スフレ。バニラ香のスフレ・ア・ラ・クレムに各種のフリュイ・コンフィを混ぜて焼きます。きらびやか…
70 views
シャルロット・ドゥ・ポム・ウ・シャル...
リンゴをつめたシャルロット、ノルマンディ一風です。フランスのノルマンディ地方は酪農の盛んな地域でリンゴの生産地…
87 views
スフレ・アン・ドーム・オ・ペシュ
モモのスプレ・グラタンです。完熟したモモを選んで、熱湯に1~2分間浸して、すぐに冷水にとります。これがよく冷え…
95 views
ヴァシュラン・オ・マロン
クリのバシュランです。ムランガージュ・オルディネールを用意して、好みの形に絞って、メレンゲの器を作ります。これ…
90 views
ガトゥ・ディミタシオン
ガトゥ・ディミタシオンとは、菓子の素材で、ここでは絞った生地で、果物などの形を模すものです。これにはマス・ア・…
18 views
プティフール・グラッセ
テュティ・フリュティ。いろいろな果実を混ぜたものという意味で、各種フリュイ・コンフィをサルピコンにしてキルシュ…
22 views
クレム・プランタニエール
春の彩りをフリュイ・コンフィであらわしてバヴァロワに混ぜたクリームのデザートです。バヴァロワ・ア・ラ・クレムの…
96 views

108

12