Abricots à la Colette

アブリコ・ア・ラ・コレット

アンズをのせたビスキュイとメレンゲ、コレット風。ジェノワーズ(下記参照)またはビスキュイを用意して、テンパンに広げて2~3センチの厚さに焼き上げます。これを直径7~8センチの円形に抜きます。その中央に同心円に切り込みを入れて外して、できたくぼみにキルシュ香シロップをアンビベします。砕いたマカロンか細切りのフリュイ・コンフイなどをグロセイユのジャムで和えたものを詰めます。ビスキュイの縁にそってメレンゲを星口金で絞ります。バニラ香シロップで煮たアンズの2ツ割りをかさねて、高温のオーブンに入れてメレンゲに焼き色をつけます。ジュノワーズの底を焦がさないためにテンパンには紙をしき込み、テンパンを二重にします。キルシュ香アンズ・ソース(下記参照)を添えて供します。この形で、アンズのほかに洋ナシやモモなどでも作れます。

ジェノワーズ・フィーヌ / Génoise fine(上質のジェノワーズ)

全卵400g、砂糖250g、小麦粉250g、バター250g、レモン表皮またはバニラ香料少量、(小麦粉の1/3~1/2量をコーンスターチに代えてもよい)

共立法です。ボウルに全卵と砂糖、すりおろしたレモン果皮を加えて、湯煎にかけながら泡だてます。充分に泡立てたら、ふるいにとおした小麦粉を混ぜます。溶かしバターをスパテラで受け止めるようにしながら混ぜます。テンパンに紙をしき込み、七~八分めまで詰めて、温度160~180℃で、25分間を目安で焼きます。

ムランガージュ・オルディネール / Meringage ordinaire

卵白120~150g、粉砂糖250g

ボウルに卵白を入れて氷で冷やしながらほぐして、砂糖を3回ほどに分けながら加えて、充分に泡だてます。

ソース・オ・フリュイ / Sauce aux fruits

アンズピュレ1000g、粉砂糖1200g、レモン果汁1個分、キルシュ適量

手鍋にアンズのピュレ(裏ごし)と粉砂糖、レモン果汁を入れて、直火にかけて軽く沸騰させます。これをゆっくりと冷まして、冷蔵庫でひと晩休ませます。翌日、温めなおすか、適量の温湯、キルシュを加えて堅さの調節をします。

関連情報

食卓の饗宴
1980/11 release

アントルメ系統
60点

おなじカテゴリの記事

シャルロット・ア・ラルマニャック
バヴァロワにクレム・フエテをぬり広げて、側面に丸く焼いたシガレットを貼り付けてシャルロットにします。上面にアル…
174 views
クルスタディーヌ・モンモランシィ
チェリーのコンポートを詰めたクルスタディーヌ。クルスタードとはカリカリに焼いたもの、主にパイのようなものを指し…
14 views
ポワール・ア・ラ・アンベール
洋ナシのコンポートとクレム・パティシエール、アーモンド・ビスキュイを組み合わせたものです。アーモンド・ビスキュ…
59 views
サヴァラン・サンガプール
パイナップル・サバラン、シンガポール風。このデセールは温製と冷製のいずれでも作ることができます。つまり、シロッ…
33 views
シャルロット・メントゥノン
シャルロット・マンテノン侯爵夫人風。シャルロットは婦人用帽子のスタイル名で、その型と底面と側面にパティスリーの…
98 views
ペシュ・ア・ラ・キュシィ
モモのタルトレット、キュシー風です。タルトレットに生クリーム入りのクレム・パティシエールを詰めて、ラム風味のモ…
66 views
スフレ・ア・ラ・クレム
スフレは“ふくらんだ”という意味で、泡立てた卵白を用います。料理の分野でも用いられていて鳥獣、魚貝、野菜のピュ…
66 views
アナナ・ア・ラ・シシリエンヌ
パイナップル・グラタン、シチリア風。生のパイナップルにアンズジャムを和えて、これをクレム・パティシエールととも…
75 views

54

2