Croûtes aux poires à la Parisienne

クルート・オ・ポワール・ア・ラ・パリジェンヌ

洋ナシのクルート、パリ風。ブリオシュやサバランなどの発酵生地を薄切りにしてオーブンで焼いてクルートにします。この上に洋ナシをかさねて、上面にフリュイ・コンフィを飾ります。

四角いケーキ型またはサバラン型などにパータ・サバラン(下記参照)を型の3/4ほどに詰めて、温かい場所に休ませます。型の八分目まで発酵したら中温のオーブンで焼きます。前日に準備しておくと良いでしょう。この生地を厚さ1センチ程の薄切りにした、テンパンにならべます。全体に砂糖をふりかけて、高温のオーブンで、きれいな焼色のクルートにします。

パイナップルやチェリーなどのフリュイ・コンフイ(砂糖漬けフルーツ)を飾り用に用意して、熱湯に浸してから、水気を切ってキルシュに和えておきます。好みの皿に、クルートを並べて、洋ナシのコンポート、温かいものを半切りにして、を重ねます。フリュイ・コンフィを飾ります。ソース・アブリコ(下記参照)かソース・フランボワーズなどを添えて供します。

パータ・サヴァラン / Pâte à Savarin

小麦粉500g、砂糖50g、全卵250g、イースト15g、バター250g、塩20g、牛乳80g

直捏法で作ります。生イーストと砂糖を指で混ぜて全卵をひとつずつ加えて混ぜます。温めた牛乳、小麦粉、塩を順に混ぜてよく捏ねます。生地が手やボウルに粘りつかず、なめらかになったら、やわらかくしたバターを混ぜます。ひとまとめにしてラップで覆い、醗酵させます。途中、生地が醗酵前の2倍になったらガス抜きします。再び醗酵させます。型の大きさに合わせて分割して、整えます。サバラン型の半分の高さに生地を詰め、醗酵させて、中温で焼きます。

ソース・オ・フリュイ / Sauce aux fruits

アンズまたはフランボワーズピュレ1000g、粉砂糖1200g、レモン果汁1個分

手鍋にアンズまたはフランボワーズのピュレ(裏ごし)と粉砂糖、レモン果汁を入れて、直火にかけて軽く沸騰させます。これをゆっくりと冷まして、冷蔵庫でひと晩休ませます。翌日、温めなおすか、適量の温湯を加えて堅さの調節をします。

関連情報

食卓の饗宴
1980/11 release

アントルメ系統
72点

おなじカテゴリの記事

ポム・オ・グラタン・オ・ヴァン・ブラ...
リンゴの白ワイン煮、クリームグラタン。リンゴを白ワイン煮にして、グラタン皿にバタートーストしたパンをしいて、そ…
79 views
スリーズ・アン・ムスリーヌ
ふんわりと生クリームで覆ったなかには、ビスキュイの上にチェリーを混ぜたメレンゲがドーム状に絞ってあります。やわ…
27 views
シャルロット・ア・ラルマニャック
バヴァロワにクレム・フエテをぬり広げて、側面に丸く焼いたシガレットを貼り付けてシャルロットにします。上面にアル…
185 views
オランジュ・ア・ラルジェリエンヌ
サヴァランをキルシュ香ポンシュに浸して、オレンジのシロップ煮を並べ、その上にメレンゲを絞って、温かな状態でオレ…
62 views
スフレ・ア・ラルルキーヌ
アルルキーヌは16~18世紀のイタリア喜劇の道化で、色とりどりの菱形模様のタイツをはき、とあり、この衣装のよう…
76 views
ニ・ディロンデル
燕の巣の形を模したアントルメ・ディミタシオンを応用したものです。マロンピュレとクレム・フエテをかさねて絞り、こ…
48 views
サヴァラン・モンモランシィ
温製のデザート、チェリーを盛ったサバランです。フルーツは季節に応じて用意して、コンポートや熱いシロップに漬けて…
78 views
オレンジ・アン・ムスリーヌ
オレンジ果皮を器にして、その中にオレンジムースを詰めます。ナイフカットで飾り削りをして、すこし演出を加えた楽し…
61 views

72

13