Soufflès à la crème

スフレ・ア・ラ・クレム

スフレは“ふくらんだ”という意味で、泡立てた卵白を用います。料理の分野でも用いられていて鳥獣、魚貝、野菜のピュレ、チーズ(スフレ・オ・フロマージュ)など広範囲です。アントルメではスフレ・ア・ラ・クレーム(卵、牛乳、砂糖、小麦粉を煮たクリーム系統)とスフレ・オ・フリュイ(果実のピュレを使うもの)に大別されます。スフレは焼成した容器ごと供されます。型、容器は側面が垂直の丸形(タンパル型やココット)、カソレットで銀製、耐熱陶磁器製、耐熱ガラス製などです。

配合(1)
牛乳1000g、小麦粉150g、バター100g、砂糖250g、卵黄320g、卵白600g、コーンスターチ50g、塩5g、バニラ1本

手鍋にバターを入れて煮溶かしたら小麦粉を加えてルーをつくります。ここに温めた牛乳を混ぜます。卵黄を混ぜて、さらに砂糖とコーンスターチを混ぜます。あらかじめ泡立てた卵白を混ぜます。

配合(2)
バター100g、小麦粉100g、砂糖250g、卵黄300g、コーンスターチ80g、卵白540g、塩ひとつまみ、バニラ1本

手鍋にバターを入れてポマード状に練りかえして、小麦粉を混ぜます。ここに卵黄の2/5量(半分弱)を少量ずつ混ぜます。別鍋に牛乳と塩、バニラを入れて火にかけて沸とう直前(約80℃)まで熱します。先のバターと卵黄の混ぜたものへ注ぎ入れて、泡立器で手早く溶きのばします。再び火にかけて沸とうさせます。すぐ火からおろし、粗熱がとれたところで残りの卵黄を混ぜます。卵白を泡立てて、コーンスターチと砂糖を3~4回に分けて混ぜてメレンゲとします。これを煮たアパレイユに混ぜます。型の3/4量にアパレイユを詰めて、鍋中に置きます。約60℃の湯を注いで、中~高温のオーブンで焼きます。大きい型で30~45分間、小さいもので20~25分間です。供する直前に湯せんから出して、表面に粉砂糖をふりかけ、型ごと高温のオーブンに2~3分間入れます。こうすることでスフレは底は焦げずに最大限にふくらみます。

関連情報

食卓の饗宴
1980/11 release

アントルメ系統
72点

おなじカテゴリの記事

ボンドン・ドゥ・フレーズ・レジャーヌ
ジェノワーズをすこし厚めのシート状に焼いて、これを円形に切り整えて、なかをくぼみを作るようにします。ここにイチ…
13 views
クルート・オ・ポワール・ア・ラ・パリ...
洋ナシのクルート、パリ風。ブリオシュやサバランなどの発酵生地を薄切りにしてオーブンで焼いてクルートにします。こ…
73 views
トランシュ・フランボワジィ
フランボワーズのムースクリームを軽いビスキュイをしき込んだ型に詰めて冷やしたものです。同じような組み立てで、季…
24 views
バナーヌ・ア・ラ・グルノブロワーズ
バナナにクルミ味のクレム・グルノブロワーズをはさみます。クレム・アングレーズとクルミのヌガーを添えて供します。…
61 views
クレム・ボリヴァージュ
クレム・オ・カラメルを型で焼いて、この中央のくぼみにクレム・フエテを詰めたコルネを飾ります。浅いタンバル型、プ…
165 views
ミルフィユ・オ・ノワゼット
パイ生地にヘイゼルナッツ入りのバタークリームをはさんで、全体をビスキュイで包みます。上面にオレンジジャムをぬり…
22 views
ブリオシュ・モンモランシィ
温製のブリオシュ、チェリー詰めです。パータ・ブリオシュを用意して、好みの大きさのブリオシュ型に詰めて、温かな場…
162 views
サヴァラン・サンガプール
パイナップル・サバラン、シンガポール風。このデセールは温製と冷製のいずれでも作ることができます。つまり、シロッ…
55 views

77

13