Cerises jubilée

スリーズ・ジュビレー

温かいフルーツのデザートで、いわゆるフランべものといえば、バナナ・フランベと、このチェリーのフランベが良く知られています。日本のチェリーは外国産に比べると果肉が堅めに思えます。俗にアメリカンチェリーと呼んでいる果肉の大きな、柔らかいものを使うと、より風味が増すように思えます。

チェリー1000g、砂糖150g、水100g、コーンスターチ25g、キルシュ200g(またはコニャック100g、コアントロ100g)、バニラ1本

チェリーは粒のそろったものを選んで、この核を抜きとります。手鍋に水と砂糖、バニラを入れて、直火にかけて沸騰に導きます。ここにチェリーを入れて、やわらかくなるまで煮ます。チェリーを別皿に取ります。煮汁をそのまま煮つめます。これに適量のラズベリ-ジャムとキルシュ(またはコアントロ)を加えて味を整えます。浅めの手鍋に、先のチェリーと煮つめた果汁を加えて、再び、火にかけます。これを丁寧に煮かえして、別に用意した温めたキルシュ(またはコニャック)を注ぎいれます。すぐに火を呼び込んでフランベします。好みのデザート皿にチェリーを盛りつけて、残りの煮汁に少量の水で溶いたコーンスターチを混ぜて、トロミをつけたソースとして供します。

関連情報

食卓の饗宴
1980/11 release

アントルメ系統
72点

おなじカテゴリの記事

オランジュ・ア・ラルジェリエンヌ
サヴァランをキルシュ香ポンシュに浸して、オレンジのシロップ煮を並べ、その上にメレンゲを絞って、温かな状態でオレ…
62 views
コンポート・ドゥ・ポワール・オ・ボジ...
西洋ナシをボジョレー産の赤ワインでコンポートにするもので、よく冷やしてパティスリー・レジェールを添えて供します…
72 views
ブシェ・ベル・フリュイティエール
パイ生地で小さな器を作り、このなかにクレム・パティシエールを絞り、彩りよくフルーツを盛ります。パート・フイユテ…
39 views
タンバル・ブリヤ・サヴァラン / 洋...
タンバル型にパータ・ブリオッシュを約1センチ厚にしき込み、醗酵させてから中温のオーブンで焼きます。生地の底にア…
67 views
シャルロット・ア・ラルマニャック
バヴァロワにクレム・フエテをぬり広げて、側面に丸く焼いたシガレットを貼り付けてシャルロットにします。上面にアル…
185 views
オランジュ・スフレ
オレンジ・スフレです。オレンジの果肉を、形を崩さずに取り出して、これはスフレに、果皮は器として使います。美しい…
111 views
オレンジ・アン・ムスリーヌ
オレンジ果皮を器にして、その中にオレンジムースを詰めます。ナイフカットで飾り削りをして、すこし演出を加えた楽し…
61 views
クルスタディーヌ・モンモランシィ
チェリーのコンポートを詰めたクルスタディーヌ。クルスタードとはカリカリに焼いたもの、主にパイのようなものを指し…
30 views

103

17