Croûtes Cardinale

クルート・カルディナル

イチゴのクルートです。ここではプティパン(小さいフランスパン)を水平に切って中身をとり除いたものを浅いケースとして使います。また、同じようにビスキュイ・ア・ラ・キュイエールを用いる場合には、これを約1センチ厚さの小口切りにしてテンパンにならべ、溶かしバターと砂糖をふりかけて高温のオーブンできれいな焼き色をつけて焼きます。

イチゴを砂糖とキルシュでマリネしておきます。これをビスキュイ・キュイエールか小パンの上に盛って、グロゼイユ(またはフラン水ワーズ)のジャムを刷毛でぬります。温かなソース・グロゼイユかソース・フランポワーズ(以下参照)をかけて供します。

ソース・オ・ブリュイ / Sauce aux fruits

果実のピュレ1000g、粉砂糖1200g、レモン果汁1個分

果実のピュレを利用したソースです。フランボワーズのピュレに粉砂糖とレモン果汁を混ぜます。これを温めるか、適量の熱湯でのばします。とろみをつけるには、適量のコーンスターチを加えてもよいです。

ビスキュイ・ア・ラ・キュイエール / Biscuit à la cuillère

卵黄120g、卵白210g、砂糖130g、小麦粉140g、コーンスターチ20g、バニラエッセンス少量

別立て法でつくります。配合量の砂糖半量をコーンスターチと混ぜます。これは卵白を泡だてる時に何回かに分けながら加えます。残りの砂糖は卵黄に加えて泡だてます。泡立てた卵黄に同じく泡立てた卵白と小麦粉を交互に混ぜます。このアパレイユを太い丸口金をつけた絞り袋につめて、紙をしいたテンパンに細長い棒状、ダ円形などに絞ります。粉砂糖を絞った生地の上にまんべんなく充分にふりかけます。しばらく放置して、粉砂糖が生地にしみ込んだら、さらにもう一度、粉砂糖をふりかけます。中温のオーブンで乾燥焼さにします。焼けたら紙からはがします。クルートにするには、上面に溶かしバターと砂糖をふりかけて高温のオーブンできれいな焼き色をつけます。

関連情報

食卓の饗宴
1980/11 release

アントルメ系統
72点

おなじカテゴリの記事

プダン・ザクソン
プダン・スフレはプダン・スフレ・ア・ラ・クレームとプダン・スフレ・オ・フリュイがあります。前者は、卵、牛乳、砂…
73 views
オランジュ・スフレ
オレンジ・スフレです。オレンジの果肉を、形を崩さずに取り出して、これはスフレに、果皮は器として使います。美しい…
109 views
ポム・スフレ
リンゴを器にして、中にリンゴのマルムラードを混ぜたイタリアンメレンゲを絞り詰めます。きれいな焼き色をつけて、温…
69 views
ガトゥ・ディミタシオン
ガトゥ・ディミタシオンとは、菓子の素材で、ここでは絞った生地で、果物などの形を模すものです。これにはマス・ア・…
16 views
アナナ・ア・ラ・シシリエンヌ
パイナップル・グラタン、シチリア風。生のパイナップルにアンズジャムを和えて、これをクレム・パティシエールととも…
86 views
オムレット・ムスリーヌ・ステファニィ
温かいデザート、イチゴ入りのオムレットスフレです。グランマルニエでマリネしたイチゴをあいだにはさんで焼きます。…
74 views
コンポート・ドゥ・キウイ
キウイと桜桃のコンポートです。それぞれをシロップでかるく煮てから冷蔵庫でよく冷やしておきます。これらを大きな器…
72 views
ニ・ディロンデル
燕の巣の形を模したアントルメ・ディミタシオンを応用したものです。マロンピュレとクレム・フエテをかさねて絞り、こ…
45 views

71

15