Melon rafraîchi au liqueur

メロン・ラフレシ

フルーツをつかった冷菓(アントルメ・ドゥ・フリュイ・フロワ)で代表的なものがメロンのラフレシと呼ばれるものです。簡単にいえば、生のメロンを冷やして供するものです。ラフレシは“さわやかにする冷たいもの”という意味。メロンだけでなく、生のフルーツを洋酒などでマリネして供するものを、この名で呼んでいます。

メロンは生のまま冷やして供するフルーツです。オードブルとして清涼感と食欲増進、それにデザートとしては甘みと香りを楽しむものです。

メロンにはマスクメロンとウリに近いカンタループメロンの2系統があ理ます。マスクメロン(ムロン・ミュスケ / melon musque)はその名のとおり芳香高く甘味も強いのでデザートに適しています。カンタループや最近の交配種(コサックメロン、アンデスメロンなど)は料理のオードブルやマセドワーヌに用います。

メロンの柄のついた下あたりを切って、供し飾る時のふたにします。その切り口から中の種の部分を取り出して、くり抜きなどを用いて果肉を小さい球状にくりぬきます。果皮を傷つけないよう注意します。果肉をボウルに入れて適量の砂糖をふりかけて好みのリキュール(キルシュなど)やぶどう酒(ポルト、マルサラ、マディラ、シェリー、フロンティニヤンなど)をかけてマリネします。これを冷蔵庫に1~2時間入れておきます。

もしも、メロンの器よりも高く盛り上げたい時は、別のメロンから果肉だけをぬきとって加えるといいでしょう。このようにメロンの果皮は器(ケース)にすることがあるので、抜き取った後の果皮の中にも同じリキュールかぶどう酒を少量ふりかけて冷やしておくといいでしょう。果肉がよく冷えてから器に入れます。メロン単体で盛る以外に、色どりの良いほかの果実(イチゴなど)と盛り合わせるのも好みです。ふたをかぶせるか、横に添えて供します。これを食卓で、それぞれに分けるか、皿に盛り合わせて供します。デザートではムロン・アン・スユルプリ-ズ / Melon en surpriseと呼ぶこともあります。

関連情報

食卓の饗宴
1980/11 release

アントルメ系統
72点

おなじカテゴリの記事

シャルロット・ドゥ・ポム・ウ・シャル...
リンゴをつめたシャルロット、ノルマンディ一風です。フランスのノルマンディ地方は酪農の盛んな地域でリンゴの生産地…
87 views
コンポート・ドゥ・ポワール・オ・ボジ...
西洋ナシをボジョレー産の赤ワインでコンポートにするもので、よく冷やしてパティスリー・レジェールを添えて供します…
72 views
バナヌ・ア・レスパニョール
バナナの赤ワイン煮、スペイン風。手鍋に赤ワインと砂糖、シナモン棒を入れて直火にかけて煮溶かします。これをシノワ…
72 views
ペシュ・ア・ラ・キュシィ
モモのタルトレット、キュシー風です。タルトレットに生クリーム入りのクレム・パティシエールを詰めて、ラム風味のモ…
77 views
クロケット・ドゥ・マロン
粟のクロケット。クロケットは、パン粉をつけた揚げものの総称です。日本にコロッケという言葉があるように料理にも用…
73 views
タンバル・ドゥ・フレーズ・アイーダ
イチゴを詰めたタンバル、アイーダ風。タンバルは太鼓の形、つまり円形の形を保って仕上げるものです。タンバル型でビ…
69 views
ポム・スフレ
リンゴを器にして、中にリンゴのマルムラードを混ぜたイタリアンメレンゲを絞り詰めます。きれいな焼き色をつけて、温…
70 views
ミルフィユ・オ・ノワゼット
パイ生地にヘイゼルナッツ入りのバタークリームをはさんで、全体をビスキュイで包みます。上面にオレンジジャムをぬり…
20 views

71

11