59

Sables nantais

サブレ・ナンテ

伸し生地、油脂と砂糖が同量で、その総量が粉と同じ配合です。ただし油脂(バター)は溶かして、最後に加える方法をとります。ナント風(フランスの都市名)のサブレ。

薄力粉200g、砂糖100g、卵黄2個、バター100g、バニラ適量、塩少々

卵黄に砂糖を加えて、泡立器で充分にかき立てます。ここに塩とバニラ、薄力粉を加え混ぜます。溶かしバターを加えて、全体を良く混ぜて、なめらかで、均質性のあるパート状とします。このパートをひとまとめにして、手粉をふった大理石に移して、めん棒で伸します。好みの形の抜型で抜いて、テン板に並べます。溶き卵をぬり広げて、温度200 ℃のオーブンで、20分間を目安に焼きます。

おなじカテゴリの記事

プラック・ショコラ|Plaques chocolat

プラック・ショコラ

伸し生地、ココア粉入り。配合は油脂が糖分より多い、基本的なものです。こ…

デセール・ア・ラ・ヴァニーュ|Desserts a la vanille

デセール・ア・ラ・ヴァニーュ

伸し生地、油脂の多い配合にアーモンドを混ぜます。生地は丸棒状に整えてか…

ガレット・シャランテーズ|Galette charentaise

ガレット・シャランテーズ

伸し生地、糖分が油脂より多い配合。バターとコニャックの表記のある優れた…

ヴァニラ・スティックス|Vanilla sticks

ヴァニラ・スティックス

伸し生地、油脂が糖分より多い配合。伸した生地を小さな長方形に切り分けて…

ヴュゥ・ガルソン|Vieux garcons

ヴュゥ・ガルソン

伸し生地、油脂と砂糖が同量。全体をつなぐ水分に卵白を利用しています。カ…

このレシピが掲載されている書籍

乾き菓子495

洋菓子店のための効率のよい商品開発に役立つ「乾き菓子」495点