若き料理人へ

電子書籍:108ページ(原本より計算)
配信元:Amazon
販売価格:500円(税込価格)
著者:木沢 武男
発行 : 有)モーリス・カンパニー

なにも知らない人が、調理場に入ったときから、学んで育って登って、そして料理人を終えるまで…

いまは、自分で職業をえらぶことができるでしょう。
えらぶ前なら、料理人でも、絵かきでも、洋服屋でも、何にでもなれるわけ。
ところが「自分は料理人になるんだ」と決めると、たいがいは、絵かきにも、洋服屋にもなれない。
「ひとつをえらぶ」というと、いかにも積極的に聞こえるけれど、裏がえしてみれば、「それ以外をえらばない」。
大げさに言えば、料理人以外の、あらゆる職業にたいする自分の可能性を、自分の意志で断ち切ること、これがすなわち、自分は料理人を職業とする、ということです。

もちろん、こう言う人もある。
「ひとつをえらんだら、あとは自動的に、えらばれないだけだ」
自動的にのこると考えるか、捨て去ると考えるか……、たとえば、机の上に五個の石があるとする。それを自分にとって一個にしたいとき、方法はふたつあるでしょう。
ひとつは、一個を自分の手にとって、あとの四個は机の上にのこしておく方法。
ひとつは、自分の決めた一個はそのままにして、あとの四個を、机から払いおとしてしまう方法。
結果は、どちらもおなじように見える。しかし、その一個のもつ、自分にとっての意味あいまで、「おなじ」といえるものだろうか。えらぶということの裏がわを、どうとらえるかによって、選択をおこなった意志の質に、なんらかの差が生じると思う。
だから、いまからの若い人が、「料理人にでもなろうか」「料理人にしかなれそうもない」、この程度で職業を決めるとしたら、料理界にかぎらず、これからの、おそらく変化の多い時代を、生きるのはむずかしい。

意志がなければ、なにものも生まれない。
やっていくうちで、日々の仕事のなかに、おもしろみを見いだすことも、それを追いもとめることも、意志がなければ、苦痛になるだけです。
努力の積みかさねである料理人の道を、迷わず、息切れせず歩むには、妥協の入らない意志が、どうしても必要です。これは教えることも、分けてやることもできない。そして、歩みつづけて終点に至ることで、ひとつの職業をえらびとった責任を、自分にたいして果たすことができる。

書籍の購入について

若き料理人へ(Amazonへ移動)

「若き料理人へ」はAmazonのKindle unlimitedにも登録されておりますので、アカウントをお持ちの方はそちらを利用してお読み頂くことも可能です。

電子書籍を読むためにはKindleのアプリをお手持ちのスマートフォンやタブレットにインストールして頂く必要がございます。

本書に含まれるレシピ記事

01_若き料理人へ 目次
本書は「料理人の職業ガイドブック」です。わが国の西洋料理界を代表し、ホテル料理長として、数多くの料理人を育てた…
2018/10/22 update
02_料理人と仕事 序章
ヘスティアは、公私のかまどを司るギリシアの女神。公にはオリンピアの聖火を、私には家々のかまどを。われわれの調理…
2018/10/23 update
03_料理人と仕事 料理人をこころざ...
いまは、自分で職業をえらぶことができるでしょう。えらぶ前なら、料理人でも、絵かきでも、洋服屋でも、何にでもなれ…
2018/10/24 update
04_料理人と仕事 料理人の必須条件...
健康な身体それでは、料理人として出発するとき、どうしても必要な条件はなにか。最初は「なにがなんでも健康でなけれ…
2018/12/25 update