料理人と仕事

A5版軽装
総704ページ
木沢 武男 著
発行 : 有)モーリス・カンパニー

だれもが自分のことを幸福な料理人と思えるように

この本は1984年に受けたインタビューを文字に直したものです。もしも今、ひとりの若い人を、ありったけの精魂をこめて、料理人に育て上げるとしたら、日々の仕事のなかで、こんな話をするかもしれない。そして、こういう話ができたら、うれしいと思う。(木沢武男)

本書は「料理人の職業ガイドブック」です。わが国の西洋料理界を代表し、ホテル料理長として、数多くの料理人を育てた著者が、豊富な経験と、現代の望ましい料理人像を語ります。いまの時代、いろいろな人が、いろいろな角度から「料理」というものをながめています。時々きかれるのは、「料理人は、なにを、どう考えるものなのか…」「良い料理人とは、どこがどう良いのか…」「ひと皿の料理、一枚のメニュー、それをきめる理由とは…」これら「料理人の実態って、なんだろう」というクエスチョンに、この本は、かなりのところまで答えられるように思います。ここにあるのは、たんなる個人の意見でなく、洋食の料理界につたわる職業上の方法論でもあるし、人間の知恵でもあるし、脈々と流れる、料理人としての意識でもあります。

これらを、調理場でない部所の人に、食品関係の人に、とりわけ料理人をマネージメントする立場の人に、知ってもらえれば、と考えていました。洋食という、おなじものを追いもとめる者の間では、人によって、場所によって、反転するほどのちがいは生じないはずです。 この本は料理の作り方ではなく、料理人を通してものごとを見たときの「料理人として、どうあるべきか」であるし、また料理界の潮流についてでもあります。

「若き料理人へ」「料理人の五感」「メニューの前に」「料理番」「メニューをつくる」「献立表」「モノローグ(時代的変化)」を1冊にまとめた新装本です。料理について何も知らない人が、この職業を選んで、調理場に入って、学んで、育って、道を登っていく過程。基本的なメニューの作り方から昼食会、婚礼、ビュッフェなど実例メニューが解説されます。ホテル、レストラン、フードサービス業、ならびに料理専門学校などで幅広く利用されています。優れた料理人の育成と料理人に対する理解を深める意味で、新入社員の方々から管理職の方々まで、広くお薦めします。

書籍サンプル

料理人と仕事(0)目次|プロ向けレシピ

料理人と仕事(0)目次

料理人と仕事(1)序章|プロ向けレシピ

料理人と仕事(1)序章

料理人と仕事(2)料理人をこころざす人の条件|プロ向けレシピ

料理人と仕事(2)料理人をこころざす人の条件

書籍からさがす

料理と洋菓子のプロ向け専門書籍出版社

本サイトに掲載の全てのコンテンツは著作権法により保護されています。
本サイトへ直接リンクし画像を表示した場合を含め、コンテンツの使用はご遠慮ください。
© morriscomapny inc.