Pound cake

パウンドケーキ(1)

シュガーバッタ一法バターケーキ。Quatre-quarts(カトル・カール)パウンドケーキは、バターと砂糖、小麦粉、全卵を1パウンド(ポンド)ずつ、つまり4同割りの配合ということで名前が付けれました。フランス語でQuatre quart(4×l/4)と呼ぶものになります。これがバターケーキの基本形です。

バター500g、砂糖500g、全卵12個、薄力粉500g、ベーキングパウダー10g、塩少々、レモン皮1個

正方形の型を用意して、型の内側に油を薄くぬり広げて、型の側面と底面に紙をしき込みます。この紙にも薄く油をぬり広げて、細かいグラニュー糖か小麦粉をまぶします。薄力粉とベーキングパウダー、塩をフルイにとおして混ぜます。バターはやわらかくほぐしてから砂糖を加えて、泡立器で充分にすり立てます。かるいクリーム状となったら全卵を1個ずつ加えながら、さらにすり立て続けます。レモン皮 のすりおろしを加えて香味を整えます。ここに粉類を3回ほどに分けながら加えて、スパテラで丁寧に混ぜ合わせます。 あらかじめ用意した型にアパレイユを型の2/3まで詰めて、温度170~180℃のオ ーブンで、35~40分間を目安に焼きます。オーブンから出したら粗熱を取り、型から外して金網などに移し置いて冷まします。上面に粉砂糖をふりかけるか、または写真のようにアイシングを広げて、好みの砂糖漬け果実類(フリュイコンフィ)を散らします。ベーキングパウダーは卵の起泡力を補う為のものです。香味はレモン皮の代わりにオレンジ皮や、バニラエッセンス も良いでしょう。全卵は殻付きで56g程度、内容量は平均で50g程度、卵黄は20g、卵白は30gと計算します。バターと砂糖をすり立てるにはミキサーの場合、ビーターを使用します。手ではバターをやわらかくしてからすり混ぜます。

おなじカテゴリの記事

オレンジ・ウォルナッツ・ブレッド
いわゆるオレンジと、なつめやし(デーツ)、クルミなどを混ぜだティーブレッドです。ベーキングパウダーを加えた油脂…
48 views
ガトゥ・ドゥ・ポム・ア・ラ・リュス
バタースポンジ共立法、リンゴと共焼き。生のリンゴをビスキュイのアパレイユと一緒 に焼くものです。ビスキュイとリ…
37 views
ダンディ・ケーキ
ダンディケーキと呼ぶものは、一般的なバターケーキ配合にレーズンやピール類を加えたものから、伝統的な配合例まで様…
48 views
ナポリ風ガレット
ナポリ風のガレット。レモンとシナモンの香味がほどよく感じられます。生地にスポンジ・クラムを混ぜてあるので、口当…
51 views
アーモンド・フルーツタルト
タルトレット型でタルト生地とアーモンドクリームを共焼きにして、その上に季節の果実類を盛り合わせます。ベースは同…
52 views
ソバ粉のホットケーキ
ソバ粉とジャガイモ粉のパンケーキです。これは朝食用としたり、蜂蜜やジャムとともにデザート用に供されます。フラン…
48 views
ラム(アンド)ウォルナッツ・クグロフ
クグロフ型で焼くイーストケーキで、フルーツ類をラム香味にしてドゥに混ぜます。ラム香味のアイシングをかけて、風味…
48 views
チーズ・イーストケーキ
イースト生地をパイ型にしき込んで、そこにフロマージュ・ブランのアパレイユを詰めて焼きます。甘い、イースト生地の…
43 views

42

0 views